ネットFAXはこれまでのFAXと違う

ネットFAXはこれまでのFAXと違う

ネットFAXという言葉を友人から聞いて初めて知ったネットFAX。
でもこれまでのFAXと何が違うんだろう?と漠然と思ったままでした。

なので、このサイトでちょっとインターネットFAXについて調べてみました。

これまでのFAXというのは、FAXに送信したい紙をセットして
FAX機か会社なんかの複合機から送っていました。

そもそもなんで資料が送れるのかさえ、わかってなかったのですが、
これまでのFAXは、紙の情報を一度音声データに変換して、
電話回線に乗せて相手側のFAX機にデータを送って、
受けとったFAX機が音声データを画像データに変換して、印刷するのだそうです。

なんで画像が送れるんだ?と思っていたなぞが少しわかりました。
音声データに変換していたのです。

これはこれでこれまでのFAXってすごいなあと思いましたが、
その紙の情報を読み取って音声データにして、それをまた画像データに変えることもあって、
相手側に行った時に、何か見にくいようにもなっていたのでしょう。

それがインターネットFAXだと画像データをそのまま送るので劣化なども起きにくいようです。

それならこちらの方がいいじゃん!って感じですね。