タイヤメーカー、ダンロップ

タイヤメーカー、ダンロップ


1888年、人獣医師だったスコットランド人のジョン・ダンロップ氏は、息子の自転車が壊れた時、タイヤの構造が動物のお腹と似ている事に気がつきました。
獣医の知識を活かして、ゴムのチューブとゴムを塗ったキャンバスで空気入りのタイヤを作り、木の円盤の周りに鋲で固定しました。
それが世界初の空気入りタイヤの誕生だそうです。
タイヤを値段で選ぶなら→今話題のナンカンタイヤ 同年に特許を取得し、翌年にダンロップ社の設立となりました。
1889年、創業開始時点ですでに現代とほぼ変わらない構造の「自転車用クリンチャータイヤ」を完成させましたが、その後は自動車用タイヤに移行していきます。
1905年には、自動車用タイヤのトレッドに横溝を付けた製品を発表します。
1909年には、日本の兵庫県に工場を設立し、日本で初めてのタイヤ工場となります。
当時は、馬車や人力車のタイヤなどを製造していたそうです。
1960年には、自動車の性能向上に伴い、タイヤには更なる安全性が求められていた中で、濡れたガラス板上を高速で走行出来る実験装置を作り、トレッドの接地状況を撮影。
ハイドロプレーニング現象を初めて解明し有効なトレッドパターンが生み出されました。
タイヤをネット通販で買うなら→ここ